女性

ボトックスエラに挑戦【複数回行うことで効果が見えてくる】

小顔になるには

看護師

施術を受ける上での注意点

ボトックスはアセチルコリンを減らすという形で直接的に効果を発揮するものなので、体質などの影響が少なく効果が現れやすいです。しかし、どの程度効果が現れるかについては個人差があり、それによって回数を調整するのが一般的となっています。エラに注射しても効きが悪い場合は何度か施術していけば問題が無くなりますが、注意しておきたいのは効きすぎた場合です。ボトックスの効果が出すぎると小顔を超えて、やつれたような表情になることが稀にあります。この時はすぐに医師に伝えることをお勧めします。優秀なクリニックの場合は事前に当人の体質をチェックし、効きやすいタイプであると分かると施術回数を1回に絞るなどの対処が取られます。そのため、利用者の方が注意しておくべきなのはクリニック選びの段階です。クリニックが利用者の体質に合わせた施術回数にしているかどうかを事前に調べておくと安心できます。ボトックスは効きにくい体質の方であっても、複数回行うことで効果が見えてくるようになります。しかし、あまりにも受ける頻度が高すぎる場合は抗体が出来てしまうこともあります。抗体が出来てしまうと一気に効きにくくなるのでまさに本末転倒です。それゆえにもし複数回受けるとしても、一定の間隔を空ける必要があります。具体的な間隔や回数などについてはクリニックの方に相談しておくことをお勧めします。必ずしもハイペースで施術することが有効とは限らないことに注意が必要です。こういった相談をしやすいクリニックを選んでおけば安心して通えます。人の顔には噛むための筋肉である咬筋があります。これはもちろん生きるために欠かせない筋肉ではありますが、必要以上に張ってしまうとそれがエラになります。そこでボトックス注射を行うことでエラを解消する治療が行われています。ボトックスを使用した治療としては他にもシワ治療がありますが、注射をして体の中に入れるということ以外は異なっている点も多いです。効果の出るタイミングは人それぞれ異なりますが、早い方の場合は2週間後くらいが目安になります。通常の場合は3週間くらいかかることも多いです。エラにボトックス注射を受けてから効果が出るまでのスピードがそれほど早くないことは実はメリットになっています。効果がゆっくりと現れることで気づかれにくくなるからです。効果の出やすさは体質だけでなく、癖などにも影響を受けます。例えば歯ぎしりをする癖のある方は効果の出方が少し弱くなることもあります。ガムをよく噛んでいる方も咬筋が発達している可能性が高く、ボトックスの効果がやや弱くなりがちです。出方が弱い場合には複数回の施術を行うことで効果を強めることができます。しかし、すぐさま何度も施術を行うと抗体が出来てしまうので、3ヶ月ほど空けるのが一般的となっています。しっかりと時間をかけて施術を行っていけば咬筋が発達している方でも効果が出てくるので諦める必要はありません。最初のうちはあまり効果が出ていなくても後々から現れてくることもあります。不安なことがあれば担当の医師に相談しておくのがおすすめです。

顔を触る人

エラの悩みを解決しよう

角張ったエラ張りを改善し、小顔をつくることが出来るボトックスエラの施術が大変おすすめです。施術を受けることで長年悩んできた顔の大きさにさよならすることが出来るかもしれません。ぜひ施術を受けて悩みを解決しましょう。

もっと見る

注射

ボトックスでエラ張り改善

メスを使わず小顔をつくることが出来るボトックスエラの施術が大変人気です。施術を受ける際は信頼出来るドクターを見つけることで、副作用のリスクを少なくし安心して施術を受けることが出来ます。クリニックを選ぶ際は実際に自分の目で確かめてみましょう。

もっと見る

カウンセリング

憧れのフェイスラインに

注射器だけでエラ張りを改善し、理想のフェイスラインを手に入れることが出来るボトックスエラの施術が大変人気です。ダウンタイムも必要とせず、副作用も少ない安全性の高い施術です。エラが原因で自信を持てずにいる方はクリニックで相談してみましょう。

もっと見る