女性

ボトックスエラに挑戦【複数回行うことで効果が見えてくる】

ボトックスでエラ張り改善

注射

クリニック選びの大切さ

注射器だけで簡単に施術を行うことが出来るボトックス注射が大変人気です。ボトックス注射といえばしわのイメージですが、エラの張りを小さくするボトックスエラの施術も大変おすすめです。ボトックスは筋肉と神経の結合部分で効果をあらわすものであり、注入することで筋肉の動きを抑制し動かなくする効果を持っています。その為、筋肉バランスを見ながらエラ張り部分に注入することで張っていたエラの筋肉を小さくし小顔をつくることが出来るでしょう。そんなボトックスエラの施術は小顔効果が期待出来ると期待され、多くの人が施術を受けています。しかしはじめて施術を受ける場合、クリニック選びは難しい部分があるでしょう。そこでクリニックをどの様に選べば良いのか、いくつかポイントを紹介しましょう。まず、信頼出来るドクターがいるかが重要です。評判が良いクリニックは良いドクターがいるところです。ボトックス注射は簡単な施術だからこそ微妙な量の調節や注入箇所の選択が重要になります。その為、何度も施術を経験している経験豊富なドクターの方が、量の調整などきちんと行うことが出来るでしょう。誤ったボトックスの量や注入箇所は副作用のリスクを高めることになるので、施術件数など参考にしながら選びましょう。最近では口コミサイトなど充実しているので、クリニックの評判はある程度入手することが出来ます。しかし、やはり一番良いのは自分の目で確かめることですから、気になるクリニックがあればまずは無料のカウンセリングを利用してみることをおすすめします。顔が大きいことに悩んでいる人は意外と多くいます。そんな顔の大きさはボトックスエラの施術で簡単に解決することが出来るかもしれません。ボトックスエラはメスを切開したり、骨を削ったりすることなく小顔を手に入れることが出来る施術です。脂肪や骨が原因で顔が大きく見えている場合は効果がありませんが、筋肉の発達が原因である場合は注射器だけで簡単に解決することが出来るでしょう。ボトックスエラの施術が出るまでは、美容業界では小顔をつくる場合はメスを使用した施術が主流でした。メスを使用する場合、ダウンタイムが必要になったり、見た目も痛々しく見えてしまったり、また他の人に施術を受けたことがバレてしまう可能性もあるでしょう。しかしボトックス注射であれば、傷跡も目立たず、ダウンタイムに関してはほぼ必要としません。施術前のカウンセリングをしっかり行うことで、副作用のリスクを抑えることが出来、数週間後には顔の悩みを解決することが出来るでしょう。注入後は徐々に筋肉が小さくなっていくので、仕上がりも自然ですし、もし仕上がりに満足がいかない場合であっても効果が永久的に残る訳ではないので、また元に戻すことが出来ます。効果を維持することが出来る期間は3ヶ月から4ヶ月程度です。この期間を目安に、効果を持続させたい人はもう一度施術を受けると良いでしょう。永久的に効果が継続する訳ではありませんが、ボトックスエラの施術の場合、比較的効果が残りやすい部分でしょう。また、咬筋がボトックスエラの施術により小さくなったおかげで、効果が薄れてきたとしても、元の状態までは大きくならずに済むのでおすすめです。